並榎山常仙寺
トップ お寺の紹介 春夏秋冬 年間行事 坐禅
今月の言葉 交通案内 質問箱 お知らせ メール

16年分21年分 今月の言葉 26年分
17年分22年分 27年分
18年分23年分 28年分
19年分24年分 29年分
20年分25年分 30年分
平成三十一年・令和元年

八月
お盆の心
 毎年、八月の暑い盛りにお盆はやって来ます。
太陽がジリジリと照りつけ、アスファルトがゆらめき、汗が止めどなく流れる暑い季節。
蝉が鳴き、緑は勢いを増して葉を茂らせます。
夏は、様々な生命が活発に動く命の季節です。
過去にあった亡き人々の命を思い返し、ともに今生きている自分達の命の有り様を見つめて、お盆の一時をお過ごし下さい。
住職合掌
人差し指”お盆の心” のお話し

七月
無心
 こだわりの無い心のことを無心と言います。
しかし、煩悩だらけの私達には、無心になるというのは容易なことではありません。
無心、無心、と無心を追い求めるのも、無心へのこだわり。
雲の如く、流れる水の如く、自由な心でいたいものです。
住職合掌
人差し指”無心” のお話し

六月
峰の色
谷の響も皆ながら
吾が釈迦牟尼の声と姿と
道元禅師和歌集より
人差し指”峰の色 谷の響も皆ながら” のお話し

五月
手を合わせると
 手を合わせると、
 その人の姿は仏さま。
 手を合わせると、
 その人の心は仏さま。
 手を合わせると、
 みんなの心は仏さま。

手を合わせ、仏さまにお詣りしましょう。
住職合掌
人差し指”手を合わせると” のお話し

四月
鬼手仏心
 鬼手仏心(きしゅぶっしん)。
外科手術で人の体を切り刻む行いは鬼のように見えるが、その鬼のような行いは医者の心の中の患者を助けたいという仏のような慈悲心によっているという意味。
優しさだけでは成し得ないことがあります。
本当に相手のことを思うとき、あなたは鬼になれますか?
住職合掌
人差し指”鬼手仏心” のお話し

三月
願わくは
花の下にて 春死なん
その如月の 望月のころ
西行法師
人差し指”願わくは花の下にて春死なん” のお話し

二月
いろは歌 無常の歌
いろはにほへと ちりぬるを
わかよたれそ つねならむ
うゐのおくやま けふこえて
あさきゆめみし  ゑひもせす

 色は匂へど 散りぬるを
 我が世誰ぞ 常ならむ(ん)
 有為の奥山 けふ(きょう)越えて
 浅き夢見し 酔ひもせず
住職合掌
人差し指”いろは歌 無常の歌” のお話し

一月
天上大風
 天上大風(てんじょうおおかぜ)。
これは、良寛さんが近所の子どもにせがまれて凧に書いた文字。風に乗って凧が良く上がりますようにという良寛さんの素直な願いを感じます。
 今年は元号が変わる節目の年、願いを持ち、幸多きことを祈りつつ一年の歩みを始めて参りましょう。
住職合掌
人差し指”天上大風” のお話し

ページトップへ戻る
並榎山常仙寺  〒370-0802群馬県高崎市並榎町331 電話027-322-7644